cronを使う

2008.04.09

cronはスケジュールを定期的に実行するのに便利なデーモンプロセスです。
使用するには、まずcrondが実行していることが必要です。

# /etc/init.d/crond status
crond (pid xxxx) を実行中…

とコマンドを実行して実行中かどうかを確認します。
実行していない場合には、以下コマンドを実行してcrondを実行します。

# /etc/init.d/crond start

ついでに、OS起動時に実行されるように設定しておきます。

# chkconfig –level 2345 crond on

(run level 2,3,4,5 で実行します)

ホームディレクトリなど適当なとこに、スケジュールを書いたファイルcron.txtを作成し、以下のようなルールで記述します。

分 時 日 月 曜日 実行コマンド

例えば、15分おきにbackupのコマンド(dumpdbとする)を実行する場合、
0,15,30,45 * * * * ./dumpdb
と記述します。

作成したファイルを使用して、cronに登録します。

# crontab -u(ユーザ名) cron.txt

設定するユーザに実行権限が必要です。

設定したスケジュールを確認するには、

# crontab -u(ユーザ名) -l

を実行します。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ