楽しむこと

2008.11.12

当社はベンダー気質もあるせいか、非常に静かな会社です。

ソリューションの提案先である旅行会社様の雰囲気とは180度違うといっても過言ではありません。

でも、ずっと黙ってるのも結構疲れるものですよね。

しかし、私は基本的にスタッフに声はほとんどかけません。

自分が1人で仕事をこなすタイプとかの問題ではなく、良し悪し議論はさておき、

現状は声をかける時間もないとういうのが正解です。

むろん、スタッフの意見をよく聴けるようになる為に、今を最高スピードで駆け抜けようとしているだけですが...

でも、これは自分が独立する前も同様で、本当に仕事に集中してる時は、メンバーとの打ち合わせを除き、しゃべる余裕はなかったと思います。

そうなると、ある意味自分の中に必然的に入っていく流れになるのですが、

ここで《楽しむ》ことを忘れると、苦痛以外の何物でもないです。

持論として、この《楽しむ》ことは教えられるものではないと今も考えています。

また、《楽しむ》ことと《楽する》=《適当にやる》ことも混同しがちですよね。

※《楽する》ことはある意味非常に良いことです。

仕事に集中することでの《楽しさ》を体感する為の道筋はむろん出来る限り話をしますが、

最終的に実践しものに出来るかどうかは、その人次第です。

その上で、真のツーカー関係にスタッフ全員となれることが私の理想であります。

ということで、明日も《楽しく》仕事したいですね。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ