仕事筆記具

2008.09.05

何か仕事道具シリーズになっていますが、本日は筆記具についてコメントいたします。

当社はシステムベンダーの為、打合せに端末を持ち込み直接キーボードを叩くケースもよくあるのですが、私自身は、字を書く方が脳みそのヒダに刻まれるという流儀に基づき、昔ながらのA4ノートとすぐ上書き出来る点でシャープペンを利用しています。

ちなみに筆記具自体にはこだわりはなく、ノートをとるという行為に強くこだわっています。

※シャープペンはスタッフにもらった中日ドラゴンズ・シャープペンを愛用してます。

面倒と言えば面倒ですが、ノート一冊うんぬんという本もよく売れてるように、個人的に書く・後で読み返すという行為が、ロジカルシンキング上欠かせないルーチンとなっています。

ただでさえ打合せ時に要点の整理、詳細定義の確認などデリケートな話しが多いのに、ほとんどノートをとらない人や箇条書き的にとってる人を見ると、個人的に「コイツ本当に理解してるのか?」という思いがヒシヒシと沸いてきます。

私がノートをまめにとるのは、すぐに忘れてしまう、話しをすぐに頭の中で組み立てられないという、自分の弱点を補うことが目的です。

また、システムの打合せの場合、話しが本質からずれてしまっても誰も気づかないケースもよくある為、打合せの目的・本質を常に意識する点からも、ノートは私にとって必須アイテムとなっています。

あくまで上記スタイルは私の個人的な流儀の為、人それぞれ流儀がちがって当たり前だと考えます。

とにかく、「えっ、あの時その話ししたじゃん」的なことを自分がまず言わない、またスタッフにも言わせないよう、まめに字を書くという習慣は当社文化にしたいと考えています。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ