PPAP廃止

2020.12.03

PPAPとは、ファイルをパスワード付きzipファイルにしてメールで送り、パスワードを別のメールで送信する暗号化の手順(プロトコル)を指すようです。
先日デジタル庁もPPAPを廃止する方針を打ち出しましたが、PPAPの一番の問題はマルウエア(ウイルス)攻撃に悪用されることで、要は添付されたzipファイルは暗号化(パスワード設定)されてる為ウイルス検知できないことです。
またファイル解凍期限もないので、パスワードを解読される可能性も高くなります。
当社もセキュリティ対策の一環としてPPAPは廃止し、ファイルを送る場合はファイル転送サービス使用に1本化しました。
ファイル転送サービスはメールサーバのサービスとして提供されていたり、安価に利用出来るサービスも多々ありますので、この機会にファイル転送サービスへ変更してみてはいかがでしょうか。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ