BCP実践促進助成金8、助成金確定通知と請求

2021.05.31

東京都中小企業振興公社(以下、公社)では、BCP実践促進助成金事業を行っています。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/bcp.html
当社は令和2年度で申請し、先日助成金確定通知と請求処理が完了しましたのでポイントをご紹介致します。
〇助成金確定通知と請求処理
公社担当者訪問による助成事業の完了検査が完了すると、約1週間前後で公社から助成金確定通知と請求書が届きます。
公社から届いた請求書に、日付・社名・助成金振込口座情報の記入と実印押印の上、会社の印鑑証明書を添えて公社に返信します。
後日、指定口座に助成金が振込されますので、本振込をもって助成事業初年度の公社とのやり取りは完了となります。
〇次年度以降
次年度以降から5年間は公社に稼働状況報告を書面で行う必要があります。
当たり前ですが、助成金で購入した物品等の状態を報告する必要がありますので、継続管理が必要です。
〇まとめ
当社の東京都中小企業振興公社の助成金活用は今回のBCP事業が初めてでしたが、公社では様々な助成事業を行っており、いずれも双方の助成金が交付されますので有効なものであることは間違いありません。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/ichiran/index.html
原則どの助成事業も提出物や申請内容はほぼ一緒のようで、一度流れを確立しておけば次回以降よりスムーズな申請・事業実施が可能になりますので、
先ずは身近な助成事業の申請・実施をお勧め致します。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ