Microsoft Certified: Power Platform Fundamentals 認定試験PL-900

2021.12.20

先日、Microsoft Power Platform Fundamentals PL-900の認定試験に無事合格しました。
PL-900は、MicrosoftのローコードプラットフォームであるPower Platform(以下PP)の基礎知識や理解度を測定する試験で、PPの上位認定資格を取得するための入口的な位置づけとなっています。
試験は45問前後/45分で、シナリオ問題、選択問題が主、合格点は700/1000点です。
私が実際に受けた試験は45問でしたが、他の900系と違い時間的余裕はなく、結果は741/1000点で、ぎりぎりセーフでした。
今回は時間がなく、Microsoft Virtual Training Daysの受講とMicrosoft Learnラーニングパスの知識チェックのみ確認して試験に臨みましたが、やはり結果に表れていますね。
PL-900を受験した感想として、PL-900は特にMicrosoft Learnのラーニングパスをしっかり学習しておくことが重要と思われました。
次はSC-900を受験予定ですが、改めてご紹介致します。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ