確率とは?

2011.04.22

これから生まれると予想される子供のことで、先日カウンセリングを受けてきました。

自分の主観がちがちな考え方、浅い知識は、優秀なカウンセラーの前では何の効力もなく、逆にすごく勉強、参考になりました。

 

ここで、聞いて驚いたこと。

赤ちゃん100人に対して、障害等がある子の確立は5%。イコール5/100です。

5%のうち、結局原因不明が2~3%。イコール2~3/100。

個人的には、すごく高い確率であると思ったのですが、

一番驚いたことは、障害がなくいわば健常者でも、わけのわからない人はたくさんいるという、カウンセラーの発言。

本当、そうだと実感しました。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ