何がしたい?

2010.03.19

打合せ時に、いつも考えることである。

クライアントの要望を聞きながら、本当は何がしたいのか、何に困っているのか、何を改善したいのか、本当は何?をと、自然に確認するようになってしまった。

 

でも、人は不思議。

つきつめていくと、明確な理由がないことが多い。

今までそうだったから、感覚的に、みたいなことが結構多いもの。

でも、これが悪いということではなく、私も誰もそうであると思う。

この前提で組み立てていくと、以外に話しはまとまるものでもある。

何がしたいんですか!!的な態度であると、クライアントも構えてしまい、

満足頂くための打合せが、押し問答的な「つらい」時間になってしまい、どんどん口が閉じる。

 

でも、何がしたいのか、明確な答えを常に求めているわけで、

なかなかかみ合わないのも事実。

アジャイル開発が注目されているのも、そのへんからかも。

私の対応策は何かというと、

自分が出来うる限りの準備(質問であったり、ドキュメントであったり、仕様案だったり)を行うこと。

人に求める前に、自分が出来ることを最大限する。

これが現在の私の流儀です。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ