戦術

2010.03.18

もうすぐワールドカップ、

日本代表の戦い、良くも悪くも大変楽しみです。

古くはオフトから、加茂、岡田、トルシエ、ジーコ、オシム、岡田監督と変遷してます。

戦術比較してみましょう。

オフト監督・スモールフィールド

当時の日本代表レベルに適していたと思う。

ボール来たらガーっと寄ってガーっと奪う。直観的に理解出来る。

加茂監督・ゾーンディフェンス

難しい。選手のレベルや決めごとが統一されていて初めて機能する。

結果出ず。

岡田監督・1回目はなし?

ただし、キングカズを切った用兵は見事であった。(個人的にカズは大好きです。)

トルシエ・フラットスリー

初めて戦術として機能。シンプルで目指すチームの形、役割が観ている側でも理解出来た。

ジーコ・個?

選手が主役で選手自ら考え、組み立てる。

個人的には、これが理想で完成型はこうなると思うが、すごいレベルの個々の能力が

求められる。

オシム・攻守全員参加

局面局面で全員が、メインの役割以外も全力でこなす。私が一番好きな戦術。

でも、形が出来る前に、終わってしまって残念。

 

こうみると、どの戦術が優れているかではなく、チームにあった戦術をみつけることが大切であることがわかる。

肝に銘じたい。

ただし、国会の牛歩戦術だけは理解できない。

詳しい資料やデモ依頼、導入や費用に関するお問合せなど、
まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーション お見積り・その他お問合せ